当院までの詳しいアクセス方法はこちら

0975224922

当院のLINEはこちら

当院までの詳しいアクセス方法はこちら

0975748252

当院のLINEはこちら

当院までの詳しいアクセス方法はこちら

0975491010

当院のLINEはこちら

交通事故に遭ったら

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 事故に遭った数日後に首が回らなくなった
  • レントゲンで異常なしと言われたが体が痛む
  • 頭痛や腰痛が治らない
  • 事故に遭ってから身体の具合が悪い
  • 効果的な事故治療を受けたい

はじめに|大分市 健笑堂グループ

事故後すぐに痛みを感じれば、医療機関を受診すると思います。

けれども、事故後は脳が興奮状態にあり、痛みを感じにくくなっています。落ち着くまで気を張った状態が続くため、数日~数週間経ってから痛みが現れることはよくあることです。特に、むちうちはそのような傾向が強いようです。

以下に、事故後に気を付けるポイントをまとめます。

治療は1日も早くスタートさせるのがミソ|大分市 健笑堂グループ

むちうちは、首の骨を構成する頚椎が、事故の衝撃で鞭のようにしなり、捻挫状態に陥ります。その衝撃で、背骨や骨盤にも歪みが生じ、少しずつ症状は悪化していきます。最悪の場合、痛みやしびれから歩行が困難となることもあるのです。

このように、事故によって日常生活に支障をきたすような症状を「後遺症」と呼びます。

ケガの重症度も関係していますが、適切な治療が行われれば、後遺症を予防することも可能です。

交通事故直後のおさえておきたいポイント|大分市 健笑堂グループ

1.交渉はプロに任せる
治療費や示談書などの交渉は、事故の当事者同士で行わず、保険会社のような専門家を通して行いましょう。ことばを変えれば、プロに“丸投げ”しましょう。念書などの交渉や話し合いは、その場で行なってはいけません。また、相手の連絡先を聞くことは大切ですが、ご自身が直接相手とやりとりをすることは望ましくありません。

2.まずは110番
事故後はすぐに警察へ連絡することを忘れてはいけません。人身・物損などを判断するのは警察であり、自己判断は後にさまざまな問題が出てくる可能性もあります。また、保険の手続きに必要な“交通事故証明”を発行するためには、警察への届け出が必須です。

3.加害者の情報を得る
ご自身が事故に遭ってしまった際、加害者の情報を聞き取り、必ずメモを取るようにしましょう。携帯の写真機能を使い、相手の免許証や車のナンバーを控えておくと便利です。そのほかにも、加害者側の勤務先の住所や電話番号、保険会社の情報を聞き取っておきましょう。携帯を忘れた時のために、車に紙とペンを常備しておくと便利です。

4.事故目撃者の目撃者の情報も聴取
目撃証言の有無によっては、後々過失割合が変わってくることがあります。目撃者がいた場合は、連絡先を聞いたり、現場の写真や動画を撮ったりすると便利です。

5.必ず医療機関で検査を受ける
事故直後は、不調を感じなくとも医療機関を受診するようにしましょう。診断が遅れると、事故との因果関係が証明しづらくなってしまいます。治療の開始時期が早ければ早いほど、後遺症の予防につながります。

6.保険会社への連絡は早めに
警察への連絡は一番初めにすることですが、被害者・加害者といった立場に関わらず、2番目は保険会社と覚えておきましょう。治療以外の助言が受けられることもあります。

7.治療関連の領収書は必ず保管
治療や移動にかかった金額を示すレシートは、保険請求の際に必要になってきます。かならず保管しましょう。

お問い合わせ

交通事故24時間専用ダイヤル

健笑堂グループ

当院のLINEはこちら

住所

〒870-0101
大分県大分市中鶴崎1丁目7番18号
船木ビル1F

アクセス

鶴崎駅から徒歩10分

健笑堂グループ

健笑堂グループ

当院のLINEはこちら

住所

〒870-0267
大分県大分市大字城原2338番地の1
第2後藤アパート1F

アクセス

大在駅から徒歩14分

健笑堂グループ

健笑堂グループ

当院のLINEはこちら

住所

〒870-0849
大分県大分市賀来南1丁目1-83

アクセス

賀来駅から徒歩11分

健笑堂グループ